チャンピックスはニコチンを含まない飲むタイプの禁煙補助薬!

チャンピックスとニコチンガム

世界的にタバコに対する見方が厳しくなってきました。
そのため、禁煙を始めようと考えている人も増えてきています。
禁煙の需要が増えているため、いろいろな禁煙グッズが開発・販売されています。

その中で知られているものにチャンピックスとニコチンガム、電子タバコの3つがあります。
どちらも少しずつタバコの喫煙本数を減らしていく点では同じです。
しかし、含まれているものが違います。

ニコチンガムの特徴

ニコチンガムにはニコチンが含まれています。
禁煙でニコチンの禁断症状が出てきるのをガムによってニコチンを摂取するのです。
これで禁煙が続いたとしても、ニコチンガムを使っている限りニコチン依存状態になっています。
そのため、ニコチンガムをやめた途端にまたタバコを吸いたくなってしまうため、一時的に禁煙する効果があっても恒久的にタバコを止めることが難しいのです。

チャンピックスやニコチンガムなど
▽▼医薬品のネット通販サイト▼▽

医薬品のネット通販サイト

禁煙に有効な電子タバコ

禁煙グッズの一つとして一昔前に禁煙パイポが流行したのと同様に、最近では電子タバコが流行しています。
どちらも口寂しさを紛らわせるのが共通点ですが、最近の電子タバコは味付きのものからニコチン入りのものまで販売されており、目的に合わせて利用することができます。
禁煙を目的とするのであればニコチンを含まないフルーツ味の電子タバコを、また、ニコチンを含むものを利用することにより副流煙など周囲の人に迷惑を掛けずにタバコを楽しむことが可能です。
更に、電子タバコは実際に火を利用するものではなく、リキッドと呼ばれる液体を水蒸気に変え吸い込むもののため、タールは一切発生しません。そのため、部屋を汚す心配も歯の黄ばみを心配することもなくなりますし、火事の心配もありません。
こうしたことからも、電子タバコは欧米を中心に人気が急上昇しているというわけです。
とはいえ、禁煙として利用する際にはニコチンを我慢する必要があり、禁煙成功にはニコチン禁断症状に打ち勝つ必要があります。
禁煙においては、ニコチン禁断症状を引き起こさないチャンピックスを利用する方が現実的です。

チャンピックスの特徴

一方、チャンピックスは脳内のニコチン受容体に結合する物質が含まれています。
これを服用することでニコチン受容体に既に結合しているため、新たにニコチンを摂取しても脳内で作用することがありません。
そのため、タバコを吸っても美味しく感じることがなくなります。
またニコチン受容体に結合したときに少量ですがニコチンを摂取したのと同じようにドーパミンが分泌します。
そのため、すぐにニコチン禁断症状に陥ることもありません。
タバコを吸う気を失わせるのと同時に、ニコチン禁断症状を引き起こさないのがチャンピックスの特徴です。

チャンピックスとは?

チャンピックスとは、世界売上1位のアメリカの製薬会社ファイザーからから発売された、ニコチンを含まない飲むタイプの禁煙補助薬です。
主成分はバレニクリンで、ある程度の期間服用し続けることで効果を発揮します。
ニコチンを使わないタイプの禁煙補助薬なので、これまでの治療で使われていたニコチン置換療法とは異なってきます。

チャンピックスを利用するにあたり、効能と副作用は調べておく必要があります。
チャンピックスは禁煙にのみ効果を発揮する薬です。
服用すると、ドーパミン放出によって喫煙したときのような快感が生じ、自然と禁煙できるように導くのです。

さらに、タバコの味を悪くすることで、喫煙したいという気持ちを軽減させます。
禁煙治療で必須なことは治療を最後まで続けることであり、自己判断で治療を早く辞めてしまった方ほど禁煙の成功率は低くなります。
基本は「禁煙する」という強い意志が自分自身にあることであり、楽して禁煙しようと思っても上手くいきません。
その意志の強さが、そのまま成功率に結びついてしまうのです。

チャンピックスの効果

 

メカニズムとしては、ニコチンの代わりに脳にある「ニコチン受容体」という部位に結びついて、少量のドーパミンを出します。
これによって、ニコチンが切れてイライラしてしまうような症状を軽くしてくれるのです。
チャンピックスは、仮に禁煙時に煙草を吸ってしまっても、美味しいと思わせないようにしてくれるメリットもあります。
これらの効能により、禁煙を成功に導いてくれるのです。
服用方法としては、最初の1週間に飲む量を増やし、徐々に喫煙本数を減らしていくので無理がありません。
そのため、禁煙の成功率は6割ほどになると言われています。

チャンピックス副作用

禁煙をするのに非常に有効なチャンピックスですが、一般的な副作用も報告されています。
その多くは吐き気や頭痛、便秘といったもので、不眠や悪夢といった症状も出る可能性があります。
これ以外でも、服用中に気になる症状が出るようなことがあったら、念のために服用を中止したり、医師に相談をしましょう。
もちろん、こういった症状が出ることは多くありませんので、あくまでも使用する際の注意点ととらえておいてください。

喫煙のポイント

禁煙を成功させるポイントは、医師のアドバイスを守ることなので、決して自分の判断で服用をやめないでください。
副作用については、お腹の上部の傷みや吐き気、不眠症、頭痛、便秘などがあります。
そのほか、腎臓疾患を抱えている方、妊娠・授乳中の方なども、医師に相談してから服用してください。
禁煙補助薬との飲み合わせは不可となるため、現在他の治療薬を服用している方は医師に申告しましょう。

喫煙スケジュール

禁煙のスケジュールは、チャンピックス服用8日目からになります。
8日未満で禁煙できるならば、そのまま禁煙をするとなお良いです。
他の薬と異なる点は、服用量を段階的に増やしていく必要があることであり、1~3日目は0.5mg錠を1日1回、4~7日目は2回、8日目以降は1mg錠を2回飲みます。

ニコチンにはもう頼らない(禁煙成功者の声)

41歳 男性 Yさん
「何であんなにタバコが吸いたいと思っていたんだろう?」
今ではそんな風に思ってしまうくらい、タバコに対してあまり良いイメージを持っていません。
それは禁煙に成功したからでしょう。

チャンピックスと通販を利用したのは今からちょうど1年前、それから禁煙に成功しているので、もう1年間タバコを吸っていません。
でもまったく辛くないんです。
タバコを吸いたいとも思いません。

チャンピックスが禁煙治療薬として人気なのは、ニコチンに頼らないところだと思います。
他の禁煙対策グッズのように、ニコチンが含まれていませんから、ニコチン以外でニコチン切れを補ってくれるんです。
だから依存症の方も無理なく禁煙ができるんです。

チャンピックスの購入は通販が便利

病院などでもチャンピックスは処方してもらえるようですが、僕のように通販で購入する人も多いので、必ずしも病院に行かなければならないわけではありません。
僕の場合はお金をかけずに禁煙したい、という目的があったのでチャンピックスを通販で購入しました。
通販の場合は、病院で購入するより安く買うことができるんです。
病院に行く手間も掛からないし、更に安く済ますことができるので、すごくオススメだと思います。

僕の場合はチャンピックスを使用してから10週ほどで禁煙に成功していたと思います。
基本は12週間が服用の目安になるようですが、きちんと自分で判断していつまで服用するのか考えた方が良いでしょう。
特に苦労もしなく、あっという間に禁煙ができてしまいました。
何にせよ、チャンピックスは成功率が非常に高いです。

チャンピックスの通販サイト