あなたのニコチン依存度は?

 ~TDS:Tabaco Dependence Screener~タバコ依存判定テスト

Q1. 自分の吸おうと意識していた本数よりも多く吸ってしまうことがある。 Yes No
Q2. 禁煙または、一日に吸う本数を減らすことを試みたが出来なかったことがある。 Yes No
Q3. 禁煙または、一日の本数を減量しようと試みた時に、タバコを吸いたくてたまらなくなったことがある。 Yes No
Q4. 禁煙または、減煙を試みた時に、以下のいずれかの症状があった。
・イライラ・眠気・神経質・胃部むかつき・落ち着きがなくなる・集中力が低下した
・手指のふるえ・憂鬱・全身に倦怠感がある・暴飲暴食・食欲が増加した
Yes No
Q5. 4番の症状を抑えるために再び喫煙を開始したり、タバコの本数が増えたことがある。 Yes No
Q6. 重度の病気にかかった時に、悪いと思っていてもタバコを吸ったことがある。 Yes No
Q7. 喫煙による身体の※健康異常が起こっているとわかっても、吸ったことがある。 Yes No
Q8. 喫煙による精神の健康異常が起こっているとわかっても、吸ったことがある。 Yes No
Q9. 自分はタバコ依存だ!との自覚がある Yes No
Q10. 喫煙ができない人間関係や付き合いを避けたことがある。 Yes No

(※Q7の健康異常:タバコを辞めた時の禁断・離脱症状ではなく、喫煙により神経質や緊張、不安、抑うつといった精神異常症状を指します。)

Yesが5個以上で、あなたも立派なニコチン依存症です。
いかがでしたでしょうか?

健康保険が適用できる禁煙治療の点数とは?

タバコがどうしても辞められないという人で、禁煙治療を受けたい場合、薬を活用しようという方は以下に当てはまっているのかを見てみて下さい。

1、タバコ依存判定テスト(TDS)でYesが5個以上にチェックが付いた。
2、35歳以上だ。
3、1日の平均喫煙本数 × 喫煙年数 =200以上だ。
4、1か月以内の禁煙開始の意思がある。

以上を満たしていれば、医療機関を受診すれば、健康保険の適用内で治療を受けることが可能です。