12週間でタバコが必要なくなるチャンピックス!

禁煙成功までのチャンピックスの流れ

まずクリニックや病院の禁煙外来で、または海外医薬品個人輸入代行ショップなどで、チャンピックスを入手します。
医師の処方では2、4、8、12週間分の処方を医師が判断し決めますが、なるべく12週間(3か月)分を処方してもらいましょう。
確実な禁煙を目指すため、また必ず達成させるという強い意志を維持するためにも少ない量ではなく、フルセットの12週間分を手元に置くことをお勧めします。

次に禁煙スタート日を設定し、その1週間前よりチャンピックスの内服を開始します。これは喫煙者にとって、1週間はタバコを吸ってもいいという慣らし期間を持てる点が最大の特徴です!
そして、この期間中にタバコが不味いとか、不快感をもよおすというタバコへのネガティブイメージが記憶へすり込まれることで、更に禁煙成功率を高めることへ繋がるわけです。

用法・容量

①内服初日から3日間は0.5mg1錠を朝・昼・夕食後のいずれかのうち、いつでもいいので1回を摂取します。
このとき、毎朝、ランチの時に、または夕食後と飲む時間帯をいつにするか決めておいた方が飲み忘れ防止になるでしょう。

②4日目から7日目は朝食後と夕食後の2回、1錠ずつ、1日合計2錠を摂取します。

③8日目からいよいよ禁煙スタートです!ここから1本でも吸ってしまうと振り出しに戻りますので注意しなくてはいけません。

禁煙開始日から3日間頃までが最も辛いという声があがりますが、1週間後には吸わないことに慣れてくる頃ですので、そこまではふんばりましょう。
およそ3か月が経過する頃には、もう習慣記憶もなくなり、タバコを吸わなくても平気になっているでしょう。

副作用

日本国内での臨床検査で認められた副作用は、脳内のニコチン受容体へ作用することによる吐き気、頭痛、便秘が有名です。
軽度であれば様子を見てもよいものですが、酷くて我慢が出来ないという場合は服用を中止し、医師へ相談しましょう。

使用上の注意点

他の禁煙補助剤のニコチンパッチ等の併用で、気分不快や、嘔気を強めるので併用はやめましょう。
また、薬の副作用とは別に、禁煙自体が抑うつ症状を招く可能性があり、あせり感や、気分の落ち込み、不安感、ふいの自殺願望も少数ですが報告されていますので、
心身の変化を禁煙手帳やスマホアプリに記録するなどで楽しみながら禁煙ライフを送りましょう。

チャンピックスの通販サイト